BLOG

中嶋塾in大阪にて登壇致しました。

パチンコ業界コンサルティングの中でも最高品質のメンバーが集う、「中嶋塾

私も僭越ながら理事を務めさせて頂いております。

先日は、『ちょいだし無料開催』と銘打ち、大阪会場にて実施を致しました。

 

大勢のご参加者様がお見えになり、小森理事長や中嶋塾長のおっしゃる『何を言う、パチンコ業界はまだまだ明るいではないか』が真に胸に迫る、とても良い合コンになったのではないかと感じております。

 

当日の様子などは公式ページにて更新予定なのでそちらを参照頂くとして……。

ウェブに関しては「出来ない理由は良いんでとりあえずやってみましょう」よ、と。

「何かしないと!けれど何をして良いのか!」と言う事をよく耳にします。

で、一定の「やらないとイケないことは分かってるんだけど」などというエクスキューズはそこかしこに落ちていますね。

私が思うのは、「それって何年言うんですか?」ということ。

 

やらないとイケない、とは分かっていながら知識が無い経験が無い、なので動けない。

と言った図式でしょうが、ボンヤリしているとテクノロジーにも時流にも乗り遅れてしまいますね。

先日の中嶋塾でも申し上げましたが、もはや店長が全ての点を取る時代は終わっています。

 

スロットに超絶詳しくて、Twitterにもウルトラ長けていて、パチンコも毎日ハイパー打っていて、人心掌握もお手の物、そんなスーパー店長って今はなかなかいませんよね。

昔はゴロゴロいたようですが、労働基準法というのを知らない人たちばかりでしたので無理もありません。

今のパチンコ業界の風潮では、そんなスーパーな店長を養成することは不可能です。であれば、店長の決裁権や権限は何に使われるべきか。他の「点取り屋」を自由に動かす事に使われるべきだと私は考えています。

 

無理に出来ないTwitterをやる必要はなく、無理にウェブ戦略を考える必要も無く。

適材適所、出来る人間にやらせる。社内でリソースが割けないなら外注する。そこの調整をするべきポジションが店長(店舗管理者)であって良いのではないかと言う事です。

 

TwitterやLINE@、動画広告やウェブ戦略、「やらないとイケない」と分かっているなら「出来るヒトにやらせましょう」。そうしている間に時間は流れますしね。

 

『そんなウェブのお悩み、私たちにご相談下さい』→リンク、とかやろうと思ったのですが面倒なのでやめておきました。

 

 

さて、中嶋塾ですが2月24日にも東京お茶の水にて本開催が行われますね。

お申し込みまだの方、コチラからお申し込み出来ますよ。ここからどうぞ。

最近、極希に意地悪な方もいて、「12.5万円の価値あるのぉ?」と言われる事もあります。敬意を込めてこう言わせてください「小学生にコンドーム渡しても風船にしかしませんしねw」

 

価値も価格も受講される方次第でもある、と言うイヤミでした。

怒られる前に今日は撤収です。|)彡サッ

関連記事一覧

関連記事はありません。